春惜しむ唱歌奏でるハーモニカ

         f:id:yuyakereiko:20180423184847j:plain

 朝家庭ゴミを主人と二人で手分けして運びました。二度目のゴミを出し終わって戻ると、工務店のお兄さんが作業道具を運び入れていました。「8時半から始めます。」

と時間まで車で待機していました。

 

 時間と同時に職人さんがもう一人来て部屋の不要品を撤去を始めました。流しの上の戸棚の中はどうします?と聞かれて何も無いはずと見に行ってみると、いっぱいに物が詰まっていました。重箱もありましたがもう何十年と使用したことも無いのですべて

処分してもらいました。

 

 寝室に居間のちゃぶ台を持ち込んで窮屈な所に主人と二人手持ちぶさたで居ると、電気屋さんがお店のテレビを持って来て、備え付けてくれました。レンジも使えるようにしてくれたので、お昼も暖かいスープを飲むことが出来ました。

 

 午後は書道ボランティアへ出かけました。どの部屋からかハーモニカの演奏が流れてきます。十五夜お月さんや夏は来ぬとか、つい口ずさんでしまいます。書道をするホールでは無く奥の方にも集合スペースがあるらしい事を初めて知りました。

 

 汗びっしょりになって帰ると、私の居ない間に換気扇の問題が起きたと言います。サイズの変更と、それによって決めた色が無くグレーにして手配したとの事。

 

 明日は班委員会でご苦労さん会で食事をする筈なのですが、金額の連絡が取れずやきもきしました。夕方にはM崎さん崎さんから連絡がありほっとしました。