冬麗ら満艦飾のテラスかな

               f:id:yuyakereiko:20181218194428j:plain

 

 昨夜遅くスマホにN田さんからの不在着信に気がつきましたが返事をするには遅すぎるので今朝電話を入れると、今日の委員会に一緒に行きますがその前に相談したいことがあるので来て欲しいとの事でした。

 

 帰ってすぐに出かけられる準備をしてから、今朝作ったりんごのコンポートを小さいタッパーに詰めてN田さん宅へ出向きました。調度ご主人が外出するところでした。いつもお元気な様子で昨日も二万歩歩いたそうです。

 

 深刻な相談事かと思ったら、お隣の娘さんの事でした。母親が入退院を繰り返して今も入院中で父親はデイサービスに通っています。本人は長いこと引きこもりと聞いていましたが最近は近くのお店の電話番などのアルバイトを始めたそうです。世間ズレしていない純真な娘さんで、誰か友達になってくれる人は居ないだろうかと言う話でした。

 

 あまり大勢の人中はなじめないだろうから、私の息子と幼なじみと聞いていたのでどうでしょうという主旨でした。幼稚園の頃に近所の人達と幼稚園の送り迎えで一緒だっただけで、遊んだ事は無いと思うし、今更親の話に耳を貸すような息子ではないし親切心も無いだろうと言うのが私の返事でした。

 

 まずは、徐々に外界の人間関係に馴染むように公共機関の相談所なりでカウンセリングを受けながら自活出来るような助けをしてくれるところを当たる方が良いと思うのですが。せっかくのなんとかしてあげたいとのN田さんの優しい思いやりですが期待に応えてあげられませんでした。

 

 午後委員会に出かけるために再度N田さん宅へ行きました。日当たりの良い玄関前には大きな葉牡丹がありました。二階のベランダには満艦飾に洗濯物を干すN田さんの足が見えました。出かけるので取り込んでいるのかと思ったら、干しているのでした。

 

 委員会は全員出席で、脱線しかかると軌道修正する人がいて、なんとか4時ちょっと過ぎには終了しました。年度末なので、新年号の各小組の年頭挨拶はそれぞれの小組で相談する事にしたので時間短縮出来ました。 団地を下りて大通りに出ると西の方に夕陽がオレンジ色に染まって美しい眺めでした。

 

 不在配達票が郵便受けにに入っていたのでQRコードで入力すると今日の配達は終わりと出たので明日の配達を希望しました。所が6時過ぎに配達されました。荷物は佐渡の義弟からの海産物でした。

冴ゆる夜やテレビを友の独り膳

            f:id:yuyakereiko:20181217211438j:plain

 

   今日は体調も上向きで、腰痛もだいぶ良くなっています。
あれもこれもやりたい事は思い浮かびますが、実際にはまだ手を出す
勇気がありません。

 

 一日気儘に時間を過ごし、4時半頃になると外は暗くなって来ます。居間の
カーテンを引き、座敷の雨戸を閉めて、最後に台所の庭に面した掃き出し窓の
雨戸を閉めます。その頃はすっかり暗くなって空には月が冴えていてしばし手を
止めて空を見上げてしまいます。

 

 今日は息子が家で食事をしないので、自分だけの食事となるとなるべく簡単に
なってしまいます。里芋や大根白菜を蒸して、柚味噌を付けて食べました。主菜はというと秋刀魚の蒲焼きの缶詰です。サバ缶があれば野菜と煮るのですが、最近のサバ缶ブームのせいか昨日西友のネットショップでは見当たりませんでした。

 

 食後の洗い物も少なくすぐに片付きます。家族全員分弁当を作っていた頃は弁当箱を洗うのも大変でした。当時から横浜は中学校の給食がなかったので、朝の忙しかった事!。昨日暫くぶりにテレビの東京マガジンを見ていたところ、横浜の浜弁の事を取り上げていました。

 まずくて、不評で利用者が2%にも満たない浜弁に税金が使われている事への母親達が怒っていました。教育委員会へ母親達が給食の実施を訴えに行っても、更に浜弁を充実させていくとの回答で、母親達は去り際に「又来るよ。」と台詞を残してあきらめない意思を見せていました。

 

 国も給食を奨励しているのであれば横浜の現状に何らかの助言があっても良いのではと思いました。

貼る懐炉魔女の一撃柔らぎぬ

            f:id:yuyakereiko:20181216195419p:plain

    今朝も良く眠れて、起き上がってみると何処も悪くなさそうでした。
恐る恐る着替えて歩き出すと、まだ体は真っ直ぐにはなりません。布団も一度には三つ折りに出来ず手間取りました。

 

 電気屋さんが開店した頃に電話を入れると呼び出し音だけで誰も出ません。
何度か繰り返して、第三日曜日は休みだったと気がつきました。FAXのインクフィルムの在庫を聞きたかったのです。

 

 そこへ息子が下りて来て買い物へ出かけるというのでフィルムの事を話すと買ってきてくれると言います。買い置きのホカロンも少なくなったのに、朝一番に西友に食料品やトイレットペーパーを注文した際にホカロンを忘れたので、これ幸いと近くのコンビニまで車に乗せて貰いました。

 

 車に乗る時雨がパラパラときました。家に駆け戻って洗濯物を家の中に取り込みました。ミニホカロンを一パックとお昼用にドッグパンも買いました。ついついよけいな物を買ってしまいます。帰りも家まで送って貰いました。

 

 夕方西友の配達が来て、品物を台所へ運ぶのも、だいぶ腰が楽になっていました。このまま悪化しませんように。

子等の声止みて薄れる冬夕焼け

          f:id:yuyakereiko:20181215194158j:plain

 

   今朝もよく寝たな~と起きてトイレを済ませて台所へ行こうとすると
アイタタと腰に痛みが走りました。昨日も布団を畳もうとした時に痛みました。
今日は痛みが長引きました。色々な方向へ動かしてみると10時の方向に動く時に
痛むと気がつきました。

 

 動く方向に気をつけながら移動して腰に湿布を貼り、更に冷えから来るのかもと
ホカロンも貼りました。風邪の気は抜けたようで一安心ですが、急激な寒暖差で
意思とは関係なく体は痛めつけられているようです。

 

 調子が良かったら、小組「チャーム」に参加して、美容の知識を得たかったのですが
途中で動けなくなったら、迷惑をかけると断念して家で大人しく過ごしました。
3時頃不意に俳句の投稿が今日までだったと気が付き、IさんにFAXで送りました。
しばらくしてIさんから原稿を預かりましたと返信が来ましたが、後半の文字が
切れて、インクを交換して下さいと表示されました。

 

 体を温めようと夕方早くにお風呂に入りました。隣の小学生の子供と友達数人の
はしゃぐ声を聞きながら湯船に浸かりあれやこれやと考えているといつか子供の声が止み、窓を染めていた夕焼けのオレンジ色も薄れてきました。

 暗くなる前にと急いで湯船を出ました。脱衣所はすでに薄暗くなっていました。

義士の日や今宵流星降ると言ふ

           f:id:yuyakereiko:20181214205838j:plain

    風邪気味で昨夜は9時半頃床に就きました。今朝はだいぶ快復していましたが、
まだ喉の調子が悪く、少し残っていたうがい薬でうがいをしました。今までなんともなかったインフルエンザ予防接種跡が疼いたりして不安になりました。

 

 息子に予防接種でインフルエンザになったかも、と話すと「死んだ菌を入れてるんだよ」と言われて、そうかと妙に安心しました。部屋が乾燥しているせいか口の中がすぐにカラカラになります。テレビに良く出るお医者さんが患者さんを一人診るごとに
傍らのペットボトルのお茶を一口飲むと言っていたので、私も携帯用の魔法瓶に
お茶を入れて、時々一口飲んで潤しました。

 

 今日は流星群が見られると聞いて夜空を見ようと玄関のドアを開けて見上げましたが
曇が広がっていました。今日14日は赤穂浪士の討ち入りのあった日でもあります。
若い頃、二番目の姉に教えて貰った「野の花」という小唄を思い出しました。
討ち入りできなかった浪士を唄ったもので、”それその時の、裏切り者には誰がした・・・・・・・四十七士の陰で泣く哀れ野の花”という部分しか思い出せません。

 

 ネットで本木寿以小唄作曲集の中に「野の花」がある事は解りましたが、詳細はわかりませんでした。

 

 今頃そば屋の二階で忘年会をしている人達も居る事でしょう。忘年会帰りの空に流星群が降りかかるかも知れませんね。

 

念入りにマスクの下に紅を引く

             f:id:yuyakereiko:20181213200939j:plain

    沢山頂いたりんごを傷めてはいけないと、お裾分けや忘年会のデザートと消化しても、まだまだ残っています。今日こそはとジャム作りをしました。
大きいので2コ分で鍋いっぱいになりました。絵の教室の時にSさんからレモンを
頂いたので、レモン汁を入れることが出来ました。


 以前は主人は毎日パンにジャムをつけて食べていたのでジャムの空き瓶が幾つも
ありましたが、ほとんど整理してしまい見当たりません。冷蔵庫の中に残り少なくなった生姜の酢漬けを見つけたので、小瓶に移して空いた瓶を熱湯消毒してからジャムを入れました。

 

 午後はボランティアに出かけました。出かける前に軽く化粧をしました。レイラ化粧品を注文した時に今までの紅筆の毛が抜けるようになったので、紅筆も取り寄せました。筆のキャップを取ってお尻のほうに差すと筆が出るようになっています。外すと
筆が中へ収納されるようになっていて感心しました。

 

 念入りに唇の輪郭を描いてから全体に塗り、仕上げにペーパーで押さえました。せっかく紅を付けてもマスクをするので人の目にはふれません。受付の所に今月からボランティアも面会者もマスク着用するようにとの注意書きが出ているからです。

石段に濡れて華やぐ散り紅葉

               f:id:yuyakereiko:20181212202906j:plain

 

  今朝は雨で、出かける前に首にショールを巻き手袋をして、更にマスクという出で立ちで家を出ました。今まで手袋は極寒の時しかしたことはありませんでした。つい最近テレビで暖かくする方法として、外へ出る前に首や手を温めるておくのが良いと知りました。

 

 なるほど、暖かく感じました。会館を開けているとYさんSさんが来て、一緒にテーブルを並べました。部屋の温度のメモリが29度になっていたのでそのままにしました。新人さんも入れて8名全員出席でした。先生は都合が悪いとのことでしたが11時には来られると連絡が入りました。

 

 ただ新人のSさんとM崎さんが用事で先生の来られる前に帰りました。先生が見える頃、H.Sさんが鳥が鳴いているから雨が上がったかもといいました。そこでふとノアの箱舟の話を連想しました。箱船ががアララテ山に着いてからノアは鳩を飛ばしてみると戻って来ます。何度目かにはオリーブの枝をくわえて帰りました。次に飛ばしたときは帰ってきませんでした。それで水が引いたと知るのでした。

 

 先生に競書の課題の清書を見て頂きましたが、部屋の暖房の為か墨の伸びが悪く満足なできではありませんでした。今回はあまり自宅で練習ができなかったので、尚更良くなかったと反省しました。今日が今年最後の教室で、帰りには互いに年末の挨拶をして別れました。

 

 帰りには雨が上がっていて、玄関の前の濡れた石段に散り紅葉が彩り良く
貼り付いて絵のようだと見とれました。しばらく掃かずにおこうと思いました。