ぺたぺたと床に裸足の不格好

           f:id:yuyakereiko:20200712195004j:plain

 電話が鳴って出ると無言です。表示はH先生なのでそうかFaxだと受話器を置きましたがFAXは届きません。暫くしてまたH先生の呼び出しがありました。受信の準備をして待ちましたが駄目でした。こちらから電話を入れるとFaxの送信が出来ないといいます。電話機を新しくしたので訳がわからないといいます。先月は届いたのでおかしいなと思いました。

 

 暫くすると先生自ら俳句の原稿を届けてくれました。そういえば私の番号を間違えて

他人に送っていたこともありました。今回は我が家の電話が鳴りましたから送信の仕方を間違えている可能性があります。暑くて頭もおかしくなると笑っていました。

 

 他のメンバーからはまだ投句がありません。明日まで待ってから催促しようと思います。

 

 ここのところ暑くて床を裸足で歩く事が多くなりました。我が足ながらつくづく不格好だと思います。おまけに浮腫もひどいです。浮腫を取ろうと足裏から腿まで揉んだり

スクワットをしたりすると気のせいか浮腫が引いてきます。しばらくするとまた戻るのですが。

 

 足のマッサージは寝ているときのこむら返りの予防にもなるかも知れません。

兎も角も今日も暮れ行く洗い飯

            f:id:yuyakereiko:20200711201439j:plain

   そろそろ書道の清書を仕上げましょうと、墨を摺りました。にじみが出ないように充分時間をかけて摺ります。いつもより少なめに墨汁を入れて時間短縮を図りました。前回指摘を受けた所を重点的にさらって、清書は二枚で済ませました。

 

 途中急に雨音がして、筆を置いて洗濯物を取り込みました。気分を変えて仮名に写りました。「としふれば よわいは おいぬ ・・・年ふれば 齢は老いぬ」あれ私のことかと思いながら溜息一つ。

 

 佐渡の義妹から届いた「煮卵しんじょう」なる物を三時のおやつに食べました。夕食まで待てなかったからです。今まで食べた事がなく好奇心に駆られました。説明書に従ってレンジで30秒温めました。小ぶりの中華饅頭ほどの大きさで白身魚のしんじょうで半熟卵丸ごと包み揚げした物のようです。

 

 上品なふわふわ蒲鉾の中から黄身がとろりとした卵が現われて何も付けずに食べました。お腹いっぱいになりました。おかげで夜になってもお腹がすかず、のこりご飯を

水で洗って塩昆布と梅干しのお茶漬けにしました。

晩げには茄子のしぎ焼き味噌のたれ

          f:id:yuyakereiko:20200710195720j:plain

 今日もお天気は不安定で、洗濯物を出したとたんにぽつりぽつりと来ました。またまた部屋干しです。

 

 あまりお腹がすかないので、お昼はおやつで済ませました。さすがに夜はちゃんと食べましょうと、昨日無人販売所で買った不揃いの茄子のうち一番長いのを半分に切り

綾に切り目を入れてフライパンで焼きました。タレは味噌に酒と砂糖を入れて練りました。みりんがあれば良かったのですが、それでも美味しく食が進みました。

 

 先程TV番組でみりんて何の味?ということで生産地(千葉県)の人達がコーヒーに入れたり、煮きって密のようになった物をトーストにぬったり、かき氷に掛けたりしている報道がありました。ミーハーな私は早速試したいと思うのです。

鹿の子百合白壁を背に開きけり

             f:id:yuyakereiko:20200709200620j:plain

 昨日は眠い一日で早めに床についたので、6時には目が覚めました。未だ早いので

もう少し寝ようとしたら揺れを感じました。来るかなと待ち構えましたが、それきりで

気のせいかもと思いました。がニュースで6時ちょっと過ぎに茨城地方の地震に触れていました。

 

 明日お天気が良くなるかどうかわからないので、雨っぽい感じでしたが傘を杖代わりにして新聞を配布に行きました。坂を上り切ったところの電柱の前で足を止めて息を

整えます。門を曲がると赤い百合の花が咲いていました。白壁の前に一本だけすっくと

立って見栄えがします。

 

 昨日絵画教室で給付金はまだ振り込まれないのかと話題になりました。通知が来るのか、記帳しないとわからないのかとか。息子の同僚達はもう振り込まれたと言います。

通知書の名前の横にかかれた番号で調べられると言ってスマホで調べてくれました。

 

 振り込み依頼がされていました。7日ぐらいかかるようですが、いつその処理が成されたのかが不明です。まあ最長七日後には入るでしょう。

 

 

竿先に生れたて蜻蛉しがみつき

            f:id:yuyakereiko:20200708192342j:plain

 今朝もガタガタとと雨戸は音をたてていました。台所の戸を開けると目の前に蜻蛉がいました。まさかと目をこらすとやはりトンボです。そっとカメラを向けましたが風の中庭にたてておいた支柱の先にしがみついています。庭に下りて直ぐ傍まで行っても

逃げません。風で揺れるのでなかなかピントが合いません。

 

 動けないのかと思いましたが暫くして覗くと姿は消えていました。何処へ飛んでいったのやら。それにしても何トンボでしょう。尻尾が赤いけれど秋茜にしては早すぎます。自然界がおかしくなっているのでしょうか。

 

 今日はやたらと眠い一日でした。これでは夜眠れなくなりそうです。

時折雨が激しく降っていたのに、雨戸を閉めようとすると西の空が真っ赤で驚きました。明日は晴れるのか、豪雨がやってくるのか、せめて夜間は静かで有りますように。

刻々と河川に迫る梅雨出水

        f:id:yuyakereiko:20200707184417j:plain

 朝のニュースで球磨川の状況を写していました。水面が道路すれすれに見えました。

川沿いを車も走っていました。絵画教室に出かける支度をしていて、出かける前に

画面をみると同じ画面に上流から家屋が流れて来て堰に落ち込んでいました。

 

 現地の人達の声は聞こえてきませんが、かなり混乱しているに違いありません。避難が間に合えば良いのですが。こちらは雨が降っていませんが時折恐ろしいほどの風のうなり声が聞こえました。

 

 絵の先生宅のテレビは延々と災害状況の報道がされていました。部屋には3人でマスクをしてコロナ対策で窓も開けてありました。せんせいは歩かないと足がおかしくなると言って、カラオケ店で一人カラオケをしてきたそうです。

 

 今までは昼食の振る舞いがありましたが、コロナ対策で遠慮しているので、これが普通なのですが先生は申し訳なさそうです。しばらくのがまんです。

曳き売りも身の上語る青時雨

             f:id:yuyakereiko:20200706192408j:plain

 風雨で早朝に目覚めたためか、午後うとうとしていると豆腐屋のラッパの音ではっとしました。先週はぐずぐずしていて車が通り過ぎてしまいました。手早く準備して外へ出ると門扉前にピタリと止めてくれました。

 

 止んだとみえた雨がまた降り出しそうでした。庇の中に入って品選びしました。中に

新商品だというイカ人参がありました。「イカ人参だ!」ご存じですかというのへ福島

生まれだと教えました。彼女は離婚した夫の実家が相馬で、15才、13才の子供を育てているそうです。高校進学もあり大変そうです。

 

 もっと若いかと思っていたので、びっくりしました。マスクをしていると顔が見えないので尚更かも知れません。マスクをしていると若く見えて特ですねと笑いました。

先へ行けばきっと楽になるからね。としか言葉を掛けられませんでした。頑張れ。