実南天今日の仕事はゴミ当番

             f:id:yuyakereiko:20171124195139j:plain

 

 最近朝の目覚めがマチマチで、今朝は7時をまわっていました。出かける予定はないので、別に困ることも有りません。起きるとき主人も「何時だ?」と時計を見ていたので、私に続いて起きると思っていましたが食事の用意が出来ても姿が見えません。

 

 部屋を覗くとまだ寝ていました。朝食がすっかり遅くなって朝ドラが始まってしまいました。それに家庭ゴミの日です。収集車が来るのがはやいので、主人をせかせました。食後通りをみると坂上の集積所にゴミはありませんでした。

 

 今週は我が家がゴミ当番です。箒とバケツに水を入れて当番に行きました。

私達のごみ集積所は、以前は空き地の前でしたが、整地して住宅が建ったときに地主さんが、木製のゴミ箱を作ってくれました。中にはアルミが貼ってあって、汚れを水で流せば、底に水が流れる隙間があって、清潔に保てます。

 

 利用者の皆さん、きちんとゴミを出すので滅多に中が汚れていることはありませんが

一応水を流して、床を乾燥させるのに上蓋を開けておきました。

 

そうそう週の始めに掃除に行くとゴミ箱の横に、プラスチックの容器にストローがさしたままのものと、缶ジュースの空き缶が置き去りになっていました。おそらく近くの工事の人が置いたのでしょう。缶にぺんで「寒い中ご苦労様です。」と書かれていました。心優しい人の差し入れなのでしょう。

 まさかその空き缶の始末を見ず知らずのおばさんが、次のゴミ出しの日に分別するべく家に持ち帰ったとは夢にも思わないでしょう。

 

 今日は良く晴れて、隣の家を囲んでいる樹木が空を突くように伸びてゴッホの糸杉を思わせるようで私の好みです。先日ご主人がこの木を来年早々切ると話していました。高齢になってくると手入れが難しくなるので仕方が無いのでしょう。

掃除がすんで、前を通るとき見上げると木々の間から紅い南天の実がこちらを見下ろしていました。

 

 

 

 

首の凝り揉むや勤労感謝の日

              f:id:yuyakereiko:20171123194123j:plain

 

 最近の天気予報は良く当たります。朝は雨が強く、何時もならゴミを出すのは主人の役目ですが、傘をさしてゴミ袋を持たせるのはちょっと心配で私が出しました。

 昼近く小止みになって、午後は完全に止みました。

 

 祭日に当たる日はボランティアはお休みですが、施設の依頼で今日も書道ボランティアに行きました。祭日でも利用者さんは通所されるので、スケジュールの変更が難しいのでしょう。今日はゲームの人達は別室だったので、落ち着いて書道が出来ました。

 

 各自の本日の一押しを係の人にわたすと、壁に貼ってくれるのですが、中には書いた

枚数を覚えていて全部持ち帰る人もいます。一人づつ上に重ねて貼り、年度末に本人に返しているようです。

 

 ボランティアのKさんはご主人がこの病院に2年ほど入院した後亡くなったそうで、お世話になったのでとボランティアに参加するようになりました。最近は書道の他に傾聴ボランティア(話し相手)もしています。施設まで歩いて数分の私とちがって、バスで通って来られるのですから、頭が下がります。

 ボランティアが終了してお茶を頂いているとき彼女は首をしきりに揉んでいました。

寝違えた様です。血圧は正常との事ですから、単に寝違えの症状かも知れません。

 

施設の職員さんから「お休みのところ有り難うございます。」とねぎらいの言葉を頂きました。毎日が日曜日族?には耳が痛い言葉でもあります。

 

大くさめ電話口より漏れ聞こゆ

              f:id:yuyakereiko:20171122193803j:plain

 日頃手抜きの家事ですが、午前中の予定が無いので、玄関の掃除のついでに家まわりの草取りをしました。取っても取っても直ぐに生えるスベリヒユは背が高くなるわけでは無いので緑の物が無いときはそのままでも良いかなとは思いますが、年末に向けて

最後の草取りと、燐家との間やトイレの出窓の下など這いつくばって、引き抜きました。スベリヒユは食べられるとも聞きますが、まだ試す気にはなりません。

 

 一仕事終わって家に入ると、主人が大きなくしゃみをしています。電話のベルが鳴ったので、くしゃみが止むのを待って受話器を取りました。Y田さんからの電話で、午後のボランティアにHさんが風邪でお休みなので、私に絶対来てねと念押しの電話でした。話の最中に主人のくしゃみがぶり返して、大きなくしゃみの連発でした。Y田さんの耳にも入った事でしょう。

 

 大きなくしゃみと言えば、その昔、30代の頃勤めていた営業所の所長の事を思い出します。小柄な人でしたが、怒る声とくしゃみはとてつもなく大きくて、階下に居るときでも上の階のくしゃみが聞こえるほどでした。くしゃみが終わると「ちくしょうっ!」

とおまけがつきました。人柄は良く憎めない人でした。

 

 お宅にお邪魔したことがありましたが、下駄箱の上に赤ちゃんの靴が飾ってありました。お子さんがなかなか授からない、奥様のおまじないのようでした。

 その会社が浦安の方に移転してしまったので、私は転職せざるを得ませんでした。

 その後50歳前後で亡くなったと聞きました。あんなに大きなくしゃみをして元気だったのに、人の寿命ってわからないものです。

 

 午後デイサービスの書道のボランティアに行きました。Y田さんと私の二人でしたが

今日は参加者が少なかったので、二人で充分間に合いました。書道の隣で、輪になって

のゲームが賑やかで、気が散って筆が運ばないと言う人もいましたが、笑い声は気持ちの良いもので、つられて笑うのでした。

 

四つ角に誘導灯や冬夕焼け

        f:id:yuyakereiko:20171121191453j:plain

 今日は班委員会の日で、午後出かけなければいけないのに主人の間食が何も

無い事に気がつきましたが、買い物に出る気にもならず、小麦粉で蒸しパンを作りました。子供に返ったかのようにお八つばかり欲しがるので、困まります。

 

 1時15分にM崎さんの車で、Eさん、Wさんを拾いY下さん宅へ向かいました。

Y下さんの住む団地の入り口や団地内に工事車が止まり、どうやら水道工事中のようでした。

 

 議題はとんとん拍子に運び早めに終了かと思いましたが、直ぐに年も明ければ

平和フェスタや、新年お楽しみ会のイヴェントが控えているので、日程を決めたり

また味噌作りの日を決めておく必要があり、結局終わったのが5時近くなっていました。

化粧品担当のUさんに眉墨とマスカラを注文すると、カラーを確かめたいと言ってサンプルから、実際に私の眉を描いて決めてくれました。Uさんはいつもバッグに化粧品を入れているようで、感心します。

 

 団地を出る時はまだ工事中で灯のともった誘導灯が交通整理をしてくれました。

四つ角の向こうに赤い夕焼けが横に広がっていました。

 

 

パーマ屋で新ネタ拾ふ小六月

             f:id:yuyakereiko:20171120194909j:plain

 予約した時間に、美容院へ行きました。予約は昨日のうちにメールのやりとりで

決まりました。歩いて数分の場所ですからぴったりの時間にドアの前に立てます。

 

 室内はハンギング鉢数個からポトスが垂れ下がり、鏡の縁もポトスが這っています。

ポインセチアの大鉢もあり、いつもながら気持ちの良い美容室です。お客は私一人です。他の人と重なったことはありません。

 

 急ぐ事無く、あれやこれやと話題豊富で午前中費やします。昨日は先生は自治会の理事なので、防災訓練に出て、仕事の都合でその後の芋煮会には出られなかったそうです。そういえば昨日の朝8時頃食事中に、ピーッと笛が鳴ったので、あれ?防災訓練の日?と想いましたが、3月の訓練日では無いしと出なかったのです。芋煮会もあったなんて。我が班の理事さんに申し訳ないことをしました。

 

 鏡の横の白い壁にビーズのネックレス状の物が何連か下がっているのに目が行きました。余り物のビーズを適当にテグスに通したのだとか。配色も良く壁のアクセサリーに

なって、良い物です。

 お互いに年と共に食事の準備に時間がかかるようになった話。健康の為に最近食べている物の話と次から次と話の種は尽きません。

 もう少しでお昼と言うときまで、ゆっくりしてパーマもかかって、髪型もばっちり

決まりました。庭先の菊や薔薇を眺めて、ちょっと寒くもありましたが心は小春日和(小六月)気分で帰りました。

小春日や物忘れさえ笑ふ姉

            f:id:yuyakereiko:20171119200057g:plain

 

  いつの間にか11月も半ばを過ぎました。

 直ぐ上の姉から電話で今年の年賀状で喪中挨拶が届いたのがあるからと連絡がありました。ここ数年私が姉の年賀状を作成して投函しています。

 たいした枚数ではありません。中の幾人かには一言メッセージも言付かります。

 

年賀状は今年限りにしようかなとも言っていました。

 

それは私も同じ事を考えています。親しい人の訃報に触れたくない思いもあります。

どうしているかな、元気かなと思い浮かべるだけにしたい思いもあります。

 

 姉は年賀状の話をする前に、ケタケタ笑いながら二日前に、洗濯物を取り込んで

から、畳んで引き出しにしまおうとしたが、2枚見つからずさんざん探したそうです。

しばらくしてから、何かのようで引き出しを開けたら、その2枚はきちんと中に入っていたそうです。その部分の記憶がすっぽり抜けているのよと笑うのです。

 

二日も前のことを思い出して笑うのだからまだまだ大丈夫よ。と慰め?ました。

人ごとでは無く私なども同様の事がしばしばあります。

 一瞬時間が歪んである一部分の記憶が取り去られてしまうのかも知れませんね。

山茶花や足早に過ぐ医院横

         f:id:yuyakereiko:20171118185503j:plain

 私のかかりつけの医院横に今年も白い山茶花が咲いています。

風邪を引いた時など体調が悪い時は、医院のさほど多くない石段をやっこらさと上るのですが、げんきんなもので、普段は医院の前の通りの向かいのバス亭へ足早に通り過ぎます。たまに、顔見知りの看護師さんに会う事もあります。「しばらく~、お元気ですか。」と声をかけられます。ご無沙汰にこしたことはありません。

 

 この町に移り住んで間もない頃は、医院へ行くのには川があって、回り道をしなければなりませんでした。今では川が埋め立てられて、便利になりました。

 当時は医院の敷地は今よりも広く、先々代の先生は白衣を着て庭仕事をしていて

先代は私服で診察をしていました。

 

 子供達の成長に伴いほとんど病院にお世話になることも無く、私も勤めに出て勤務先近くの病院へ行くようになって、長年ご無沙汰をしていたので、その後お二方の先生方の消息は知りません。

 

 医院が新しく建て直され、現在の先生が病院勤務から、医院を引き継いだ様です。

知人達の評判も良く、ここ四、五年は私もお世話になっています。先代同様気さくで

問診も丁寧です。

 そろそろ市の健康診断を受けなければと思うのですが、なかなかその気になれずに

います。3月末が期限なのでそれまでには行こうと思っています。