お開きの時間延び延び日脚伸ぶ

          f:id:yuyakereiko:20180116201512j:plain

 絵の教室はYさんがやめたので、淋しくなりました。今頃どうしているかと先生と

話をしていると、Yさんの姪御さんが挨拶に見えました。年末に入院したと言います。

迷惑をおかけしましたと、詫びられたのですが、私達はそれほど困った事が有ったわけでは無く、挙動に違和感を覚えていて、悪い人にだまされているのでは無いかと心配していたのでした。

 認知症による妄想があったようで、家族の人達はほとほと困っていたのだとか。処方された薬も勝手に止めてしまうので、悪化したようでした。入院で快方へ向かう事を願うばかりです。

 

 午後は班委員会でした。先日臨時でお楽しみ会の打ち合わせをしたのですが、今日は更に煮詰めました。支部主催の平和フェスタへの我が班からの発表は何にするかとか

班総会の日程を決めたり、最後にお楽しみ会の時の紙芝居の絵に皆で色を付けたりと

結構時間が経ってしまいました。一時に比べるとだいぶ日が延びたように思いますが

表に出るとさぞすごい夕焼けだったろうと思わせる雲が黒く残っていました。

 

 家に帰ると主人がパンを出して夕飯にしようとしていましたので、ちょっと待っててとご飯を温めて急ぎ夕食の支度をしました。

春隣客に話を盛る夫

         f:id:yuyakereiko:20180115184132j:plain

 今朝庭の鉢に水をやろうとしましたら、桜草が一輪開いていました。寒さ続きの

今、え?と驚きました。他の鉢もつぼみが膨らんでいます。

 

 昨日の疲れが残っていて、やる気が起きませんが書道の練習する時間は今日しかないと、午前中墨を摺り、競書の課題を練習しました。

 

午後2時少し前に、通所リハビリから、室長さん、リハビリ担当者、ケアマネージャーさんが見えました。主人には前もって話をしておいたのでそれほど戸惑う様子はありませんでした。室長さんか私に施設との契約条項等の説明をしている間に、他の二人が

主人に色々質問していました。私は両方の話が耳に入るので、片方に集中する事が出来ませんで生返事をしていたと思います。後で読み返せば良いとおもいます。

 

 主人が質問に答えているのを聞いていると、以前の職場のあった場所をすらすら

言うので驚きました。買い物は車でいっているとか、現状とずれていることもありますが、生まれ故郷の佐渡の話などもするので、人との交流は大事な事と改めて感じました。ケアマネージャーさんを残して二人は先に帰りました。あとで玄関までの石段を写真に撮りに来ますとのこと。

 

 ケアマネージャーさんは、家の中の様子をチェックして段差がないか手すり無しで

移動できるのかなど、更に調べて行きました。皆さん親切で安心です。

 

 火、木曜日のコースに決まり今度の木曜日からお願いする事になりましたが、今度の木曜日は新婦人のイベントがあるのに気がつきました。明日の班委員会で相談しなければと思います。

 

 

乃木坂で熟女六人小正月

       f:id:yuyakereiko:20180114200049j:plain

 あざみ野10時に書道小組全員集合して、乃木坂を目指しました。国立新美術館で開催中の独立展を見るためです。

 受付で川崎先生の作品コーナーを確認して、まず大作の部屋へ行きました。

何時もより大きな作品で大作に出品出来たと喜んでおられたので、期待して拝見しました。一気に書き上げたという作品は「時雨にも露にも・・・・」と千日修行の阿闍梨の詠んだ歌を力強く表現していました。

 同じコーナーにはどのようにして書き上げたのかと興味をそそられる大作が並んでいました。三階に「小さな華」と題する一般公募の小品があると聞いていたので、私達と同レベルの方々の作品かも知れないと皆で見に行きました。一画に大勢集まっていて

ギャラリートークをしているようでした。作者がどのような意図で作成したか述べて

ギャラリーの人が感想を言い、先生が最終評論をしていました。

 

 次々に希望者の作品の所に移動していきます。M崎さんは熱心について行きました。

会場の出口に12時半に落ち合うことにして私達は他の作品を見て歩きました。書道用品の販売所の品物を見ていると川崎先生が見えました。

先生が是非見るようにと、大作コーナーの仮名「古筆」と題して、大きな額の中に

「関戸本古今和歌集や継ぎ色紙」などいくつかの作品を配した物を紹介してくれました。このような作品も有りなのだと感心しました。見事な作品でした。

 

 小品の仮名群には、生意気を言うようですがそれほど感銘を受けた物は無かったので

先生が見るようにと言われてだけに、隙の無い熟練された筆運びに圧倒されました。

 

出口でM崎さんが約束の時間を少し過ぎたので遅いと言った様子で待っていました。

先生はM崎さんがギャラリートークに行って来たと聞いて偉い!と拍手していました。

M崎さんはとても勉強になったようでした。

 

 会場を出て直ぐの「豚組」(和食のバイキング)で食事をしました。席に着くまで少し待ちましたが、最終組だったようでゆっくり食事が出来ました。

 此処は食事の前に千円支払うのは昨年と同じでした。食べ放題ですが私達は熟女も

後半?でそれほど食べられません。それでも大皿に幾種類も乗せて、ご飯は豚飯、汁は豚汁と豚肉を食べて体がぽかぽかになりました。

 今年は地下道の壁に乃木坂48のプロマイドを見かけませんでしたが、紅白歌合戦に出演するなど活躍しているようです。

 

私達もまだまだ元気に頑張らなくてはと思います。

 

 

 

 

音立ててすするも二人生姜湯

            f:id:yuyakereiko:20180113201432j:plain

 

 寒波到来で各地に大雪を降らせています。

今朝は我が家も寒さに勝てず、エアコンの補助に使っている電気ストーブを弱から

中に温度を上げました。朝食の準備で、うっかりレンジを使ってしまい電源が落ちてしまいました。落ちたスイッチを見ようとしても廊下が暗くてわかりません。

懐中電灯を置いてある筈の所を探っても見当たりません。

 

 手探りで電源スイッチを触ってみたところどうもメインのスイッチが下がっています。おそるおそるパチッと上に上げると部屋の明りがつきました。懐中電灯を見つけておかなければと思います。

 

 夕食後、甘い物が欲しくなって以前買った粉末の生姜入り甘酒一袋を二人分の湯飲み

に入れて飲みました。主人が音を立ててすすり「これは美味い。」と満足げでした。

 (俳句では甘酒は冬の季語では無いので、生姜湯にしました。)

待春や使い途中の立ち話

            f:id:yuyakereiko:20180112192550j:plain

 

 今朝は何時もより寒かったのか、腰周りが硬くて、新聞配りに出るのが遅くなりました。ホカロンを貼っていたので戻りは幾分楽になりました。

 

 パソコンの机廻りに物が多くなってきたので引き出しの中を整理して不要な物を

処分しようと思い立ちました。次男が使っていた学習机なので引き出しの底の方には

それらしい痕跡が残っていました。又私の三日坊主の日記も出て来てパラパラめくってみました。調度父が入退院した頃から亡くなって、田舎のお寺へ納骨した時の日記でした。私は43歳でした。30年も前になります。見舞いに来た父の一番下の弟が

病人に「酒を飲ませろ」「ご飯は食べたか」などと言ったと記されていて驚きました。

愉快な叔父でした。

 

 午後産直品を取りに出かけると、暫くぶりの知人に会いました。ご主人が入院しているので面会に行く途中でした。頸動脈にステントを入れていたのに脳血栓になって

意識が無いのだとか。手術した病院を八ヶ月で退院して療養のために近くの病院に

受け入れて貰ったそうです。

 

 産直の受け入れをしてくれているN田さん宅のガレージに行くとN田さんと今年初めて顔を合わせました。そこへご主人がウオーーキングから戻ってきました。1万歩歩いたようです。

 

 同じ年代でも、個人差が出てくるようです。これらの差はどのようにして生じるのだろうと考えさせられました。

失せ物がひょいと見つかる冬座敷

              f:id:yuyakereiko:20180111193155j:plain

 洗いものをして手を拭こうとタオルに手を伸ばしたら、有るべき場所に見当たりません。あたりを見渡しましたが見つからず、別のタオルを掛けました。

 

 午後はボランティアに出かけました。今年最初の書道ボランティアです。受付で

手を消毒してマスクを付けます。こんないで立ちでも見分けはつくようで最近入所された、新婦人の先輩のIさんは私の名前を呼んでくれます。今まではゲームの部屋へ行っていましたが、今日は書道の体験をしました。数十年ぶりに筆を持ったと思いますが

戸惑うこと無く取り組んでいました。

 

 主人の年末に受けた検診の結果が届いたと連絡があったので、ボランティアの帰りに病院の受付に寄りました。結構な値段でした。相談室長さんの話では、受け入れの審査が通ったので今度の月曜日にリハビリ担当者と我が家に来られて契約をするそうです。

 

 家へ帰って着替えようと座敷へ入って気がつきました。隅に立てかけてあるテーブルにタオルが掛けてあります。探していた物です。主人が手を拭いてここへ持って来たのかもしれません。

 

 夕飯のご飯をよそおうとしたら主人の茶碗がありません。何時もお昼にこれでスープを飲み自分で洗ってしまうのが日課です。なるべく出来る事はしてもらっているのです。おかしいなと思いながら冷蔵庫を開けると茶碗がありました。お茶碗の定位置が

わからなくて冷蔵庫にしまったのかも知れません。

 

 冷えた茶碗はお湯で暖めてからご飯をよそいました。これからも予期せぬハプニングが起きることでしょう。 

 

 

寒風や古びた店のサンマーメン

             f:id:yuyakereiko:20180110193530j:plain

 今朝は目覚ましの鳴る5分前に目が覚めました。毎日まちまちな目覚め時間なので

結局目覚まし時計に頼る他は有りません。

 書道の日は会館の鍵を開けなければなりません。遅刻できないので目覚ましをセットしました。たいていベルがなる前に目が覚めるから不思議です。

 

 書道のお稽古始めは全員出席でした。今月から全員競書にも加入する事になり、ますます先生の熱も入ります。今日から乃木坂の国立新美術館で独立展が始まりました。

先生は昨日会場の作品展示の係で立ち通しで疲れて足ががくがくしたそうです。

 

 12時からのヨガは中止だったのでM崎さんと、午後から班会の相談のための臨時

委員会へ向かいました。途中昼食を取るために寒風をよけながら古びたお店にとび込みました。M崎さんが車をY下さん宅前に車を駐車してくる間に、「サンマーメン」を

注文しておきました。私は初めて食べるのでどんな物かわかりませんでしたが、M崎さんの希望なので同じ物にしました。

 

 運ばれてきた丼をみて驚きました。丼の縁までたっぷり入っていました。野菜たっぷりのあんかけ麺なのでした。冷えた体にはまたとないごちそうでした。細い麺で美味しかったです。会計をするとお年賀ですとチョコレートを貰いました。

 

 新年お楽しみ班会のプログラムの打ち合わせ、今回のメインは押し麦のリゾットを

皆で作って食べる事なので、卓上コンロの手配、材料の仕入れ、刻む担当、鍋の手配と

最後に歌う歌の選曲をして終わったのが4時過ぎでした。

 

 帰りもM崎さんに送り届けていただきました。